浮気調査で幸せになれる?

浮気調査をする人って、どんなイメージでしょうか?不幸のどん底にいる人?かわいそうな人?

いえいえ、そんなことはありません。浮気調査をしよう!と行動をし始めた人は、人生の次のステージに向かっています。本当に不幸のどん底にいるのは、その決断が出来ていない人かもしれません。

浮気調査で結果がクロであろうとも、その証拠があれば、次のステップに進むことができます。幸せになるためのステップとして、浮気調査を依頼する人も多いのです。

実際に証拠を掴むためにはプロの技術が不可欠です。いつまでも一人で悩んでいても、何も状況は変わりません。思い切って、踏み出すタイミングを見極めるのも必要なことです。

浮気調査の費用は?

探偵社に浮気調査を依頼したときにかかる金額。お金のことって気になりますよね。数十万単位で費用がかかると思っておいた方がいいです。

場合によっては、もっとかかってしまうかも…。

費用がかさんでしまう場合というのは、調査に時間がかかるとき、証拠がなかなかつかめないとき。と考えていいでしょう。

なので、浮気をする曜日や時間がだいたいわかっていたり、相手の目星がついていると、短時間で調査が終わりますので、費用も抑えられることが多いようです。逆に、何も手掛かりなくスタートする場合には、費用がかさんでしまうかもしれません。

浮気調査を自分でやった失敗談

探偵社に浮気調査を依頼すると何十万という費用がかかってしまうので、自分で浮気調査をしようとする人もいます。しかし、素人が自分で浮気調査をしても失敗してしまうことがほとんどです。

まず、浮気調査成功のゴールはどこか?と考えていただきたいのですが、「証拠をとること」がゴールだと考えます。すると、途中でターゲットにバレてしまったり、調査が中断してしまうと、それは成功だとは言えずに失敗に終わってしまったということになります。

ご自身での浮気調査は、その後のパートナーの警戒心にもつながりますので、ご注意くださいね。

浮気調査を相談したママ友

子育てをしていると、何でも話ができる相手になるママ友。仲がよくなると、プライベートな話をするようにもなるかもしれません。しかし、あまり心を許しすぎてしまうのも考え物です。

少なからず、旦那とママ友が不倫をしていた、なんてケースもあります。地元での結婚で、旦那とそのママ友が知り合いだったりすると奥様が知らない過去を知っていたりもします。旦那の昔の友人だから…と言って、信用しすぎるのもよくないかもしれません。

浮気は、どこでどんな相手としているかわかりません。あまり多くの人に相談したり、話をしすぎないようにする方がいいでしょう。

旦那・夫の浮気調査を自分でする場合

旦那・夫の浮気調査を自分でする場合は、直接問い詰めないこと。というのを注意していただきたいです。

例え奥様がしっかりと自分で証拠を掴んでいたとしても、「浮気してる?」なんて問いかけに素直に返事をするような人はいないでしょう。していない、とシラを切ってくるか、逆切れしてくる可能性もあります。

そして、そんな話をした後は夫婦の関係がギクシャクしてしまうのはもちろん、旦那様の警戒心が強くなっていきます。

またもし浮気をしていなかったとしても、自分は疑われているのか、と感じた旦那様はあまりいい気はしないはずです。直接問い詰めるのは、あまりよい方法とは言えませんね。