探偵に依頼する?自分でできる浮気調査の方法

パートナーが浮気をしているかも?そんな疑いを持っているのであれば、まずは自分でできることで疑惑を晴らしていきましょう。浮気調査を探偵さんに依頼するのは、その後からでもよいでしょう。

自分でいくつか疑いのポイントを絞っておくことで、浮気調査の費用を抑えることができるかもしれません。まずは、本当にパートナーが疑わしいのか?チェックしてみましょう。

 

1、スマホでチェック

スマホの中を見れば、そりゃーどんな行動をとっているのか一目瞭然ですが、スマホの中をそうそうカンタンにチェックするのは難しいでしょう。

まずは、最近スマホの取り扱いに変化はないか考えてみてください。多いのは、以前はリビングの机の上に置いていたスマホをトイレやお風呂まで持ち歩くようになった。また、以前はロックをかけていなかったのに、ロックをかけるようになった、なぜか私の前でメールの返信をしなかったり電話に出ない…など、何かしら外から見てもわかるような変化があることもあります。

もし、スマホの中をチェックすることができるのであれば、メールやSNSのやりとり、検索履歴なんかも怪しいですが、プライバシーの侵害となる恐れもあります。まずは、スマホの取り扱いについて変化がないか、冷静にチェックしてみましょう。

 

2、クレジットカードの明細をチェック

クレジットカードの明細も、どこで何をしていたのかを把握するための大きな手掛かりになります。細かい明細を見ることができなくても、突然お金の出費が増えたなんてのも怪しい行動のひとつです。

お金の使い方に関しても、注意しておきましょう。

3、車の車内をチェックする

普段、車で行動するような人であれば、車内に浮気の痕跡が残っている可能性が高いです。ゴミ箱や丸まったレシートから浮気を疑うような物が出てくることが多いからです。

また、カーナビの履歴も重要な要素です。怪しい履歴が残っている場合はもちろん、履歴が消去されている場合も浮気の疑いがあると言ってもイイでしょう。

 

4、外泊などの怪しい時間帯をチェックしてみる

浮気を疑うような状況であるのであれば、外泊や行先のわからない外出などが増えてきているのではないでしょうか。

おかしいと思う時間に法則性はないですか?

例えば、毎週水曜日は遅くなるとか、出社をする時間が不自然に早くなった…などです。法則があるのであれば、同じ相手と会っている可能性が高いですし、こういった情報を抑えてくと、いざ浮気調査をプロに依頼することになったときに、調査を早く進めるための有益な情報となります。

このときに、日記のように日付とメモを残しておくと後で役に立つかもしれません。なんとなく怪しい時間帯があるな~という感じで自分の中で把握するだけでなく、証拠となるように怪しい事柄を書き留めておくといいでしょう。

 

浮気調査を探偵に依頼するとどうなる?

浮気調査を自分でするだけではなく、もっときちんとした証拠がほしい、または離婚したいなど一歩進んだ状況を望むのであれば、プロの浮気調査が必要になってくるかもしれません。

浮気調査をプロに依頼すると、しっかりとした証拠を得ることができます。裁判などでも通用する証拠ということです。そのような証拠を得ることで、離婚に有利になったり、慰謝料が多くもらえたりするかもしれません。

パートナーにお灸をすえたい、という程度であれば、プロの浮気調査は不要かもしれませんが、本気で次の行動にうつしたいときには必要になってくるでしょう。

プロの浮気調査は費用もかかりますが、やはり自分でする浮気調査とは違います。また自分や知り合いで尾行などを行うと、ターゲットにバレてしまうという危険もあります。

ターゲットに浮気調査をしていることがばれると、その後の関係性にもよくないですよね。

あなたの状況に応じて、浮気調査をうまく利用してみてくださいね。

https://www.xn--kck4aa4no62ylffuqcqx8g.com/